青空の会(我孫子)は、 不登校の中学生や高校生の子どもを持つ親の会です。

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
青空の会 挨拶
2012-10-09 Tue 17:34
青空の会は、不登校の中高生の子を持つ親の会です。
平成20年の11月に発足しまもなく4年を迎えます。

私の17歳の子どもは、小学6年の時に学校へ行けなくなりました。
当初私は、みんなは学校に行っているのに、なんで行けないの!
と子どもを責め、そんな子に育てた自分を責め、毎日が真っ暗な
トンネルに迷い込んだような、苦しく辛い日々でした。

青空の会での、月に一度の定例会に参加してからは、私自身が少し
づつ変わっていきました。

自分の子育てを立ち止まって考えるようになり、一番苦しいのは
子どもであると解ってきました。

ありのままの子どもをそのまま受け止めようと思いました。

苦しい思いを解ってくれる人たちがいることは、本当に救いでした。

青空の会では、学校へは行けなくても学びたいというお子さんの
希望で、退職した先生の力を借り、歴史カフェや英語カフェを開き
ました。また、親子が楽しめるように、ケーキ作りやジャム作り、
お味噌作りも企画し、次第に絆を深めてきました。

親が変われば、子どもにも変化が表れてきます。

親が元気を取り戻してくると、子どもも少しづつ心のエネルギーが
貯まってきて、元気を取り戻してきます。

学校へ行けなくなった当初の私の子どもは、顔に表情が無く、瞳の
輝きも全くありませんでしたが、元気になってきたある日大きな声で
笑っていました。
その笑顔を見たときには、本当にうれしくて私の心にも灯が灯った様
に感じました。

他人と過去は変えられませんが、自分と未来は変えていくことができ
ます。苦しい時に一人で悩まないでほしいと思います。
限られた枠の中だけで子どもを支援することは、難しいという現状を
認識し、地域ぐるみで子どもを支援するネットワークを作っていきた
いと思います。

青空の会は、親自身の心が柔らかくなり、親と子どもが笑顔で過ごせる
ようにと思い発足した会です。
スポンサーサイト
別窓 | 青空の会とは |
青空の会(我孫子)について
2011-07-27 Wed 09:27
青空の会(我孫子)は、平成20年(2008年)11月に発足した千葉県我孫子市近隣の不登校の中学生や高校生の子どもを持つ親の会です。

ある日、突然、我が子が学校に行かれなくなって、
どうしたらよいのかわからない…
進路はどうしたらよいの?


●月1回の定例会では、苦しい胸のうちを語り合い、経験してきた親から話しを聞き、
 進路に関する情報交換などをしています。地域で不登校に関する支援をしている
 相談機関や団体とも連携して、情報や助言を得ながら、不登校の子どもや親の力に
 なりたいと活動しています。

●学校に行けなくて、勉強も遅れがち…、友達をほしがっている、何か活動に参加
 したいなどのお子さんの希望に応えるための活動もします。
 親子で楽しめるケーキ作り教室や歴史カフェ、英語カフェといった学びの場など
 を実施してきました。

●田んぼ作りからお米の収穫までを体験、ジャム作り、カウンセラーによる
 グループワーク、歴史散歩などを実施し、親同士の絆を深めています。

◎あなたの表情を見て、
お子さんはこんなふうに悩んでいませんか?
「僕が学校に行かないから、お母さんがいつも暗い顔をしている。
学校に行けない自分は情けない、ダメな自分…」


●子どもは、親が社会とつながり、自分らしく生きている姿を見ています。
 先回りして子ども自身の課題を奪わず、子どもの自己回復力を信じて、
 任せて、待ってあげることで、子どもは安心して自己を信頼する力をつけて、
 自立していくようになるのではないでしょうか。

●「青空の会」は親同士で子育てについて語り合い互いの思いを傾聴し合う場です。

◎担任の先生からこんなふうに言われたことはないですか?
「不登校をしていると、入れる高校はないぞ」


●不登校でもさまざまに進路は開けています。
 全日制普通科だけが進路ではありません。
 「青空の会」では、子ども本人の状態にあった進路選択について、さまざまな
 情報交換をしています。子どもたちが安心して自立していけるよう、親も学び
 合っていきましょう。

よりみちひろばはこちら
ご覧になってみてくださいm(__)m
別窓 | 青空の会とは |
| 青空の会(我孫子) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。